スポンサーリンク

お香を賃貸マンションやアパートで焚くのは迷惑?退去時にクリーニング費用が請求?

賃貸マンションやアパートで、お香を焚いても大丈夫?
壁紙に色がついたりしない?
同じマンションやアパートの居住者に迷惑にならない?

もし、あなたが賃貸のマンションやアパートに住んでいるなら、
このようなことを疑問に思ったことはないでしょうか?

お香が好きで、お部屋を良い香りにしたい。
雑貨屋さんや古着屋さんのようないい匂いのする部屋にしたい。

賃貸のお部屋に住んでいようと、お香を焚くからには、こう思うのが当たりまえなのではないでしょうか。

今日は、賃貸マンションやアパートで、お香を焚いても大丈夫?なのか。もし、壁紙に色がついてしまった場合は、退去時にクリーニング費用が請求される可能性があるのか?を調べてみました。

スポンサーリンク

お香を賃貸マンションやアパートで焚くのは迷惑?

お香が好きなら、賃貸マンションやアパートに住んでいたとしても、焚きたいものですよね。

でも、同じ居住者の迷惑にならないようにしたい。

そういうときは、どうすればいいんだろう?

ここでは、そういう疑問に答えていきます。

香りというのは、慣れてしまうとわからなくなるものです。

雑貨屋さんや古着屋さんの良い香りというのも、そこで働いている方にとっては、慣れてしまってわからなくなるものです。
ふとした瞬間に、それに気づくくらいだと思います。

これと同じです。

たとえ、お部屋の香りが消えてしまったなぁと感じるからといって、一日に何度も焚くのは止めましょう。

賃貸なら、なおさらです。節度ある焚き方で、同じ居住者の迷惑にならないように、お香も焚きましょうね。

窓を全開で焚いたりしない

あ、あとこれも注意して欲しいのですが、窓を全開で焚いたりしないようにしてください。

あなたにとっては「良い香り」でも、他人にとっては「嫌な香り」だったということがあるはずですからね。香水と同じです。

壁紙に色がつくと引越し時にクリーニング費用を請求される?

前述では、同じ居住者に迷惑にならないように焚くことの大切さを書きました。

では、お香を焚くことによって壁紙に色がついたりして、引越し時にクリーニング費用を請求されたりするのでしょうか?

タバコは、ヤニが壁に付着して、黄色くなりますよね。

お香も煙が出るから、タバコと同じように、壁紙が黄色くなるように思いがちですが、お香には色素のあるタールが入っていません。このことからもわかるように、お香を焚いたからといって、壁紙が汚れるようなことはありません。

しかし、お香の香りというか、匂いが、お部屋に染みつく可能性はあります。

まったくお香を焚かないのと比べると、匂いがお部屋に染みついているのは間違いありませんよね?
ですので、退去時に臭い取りのようなクリーニング費用が請求される可能性はあります。
ただ、これは、生活臭と同じくらいわからないものです。お香を焚いてみるとわかるのですが、帰宅時にふわっと良い香りが香るぐらいなので、それほど気にする必要はないと思われます。

それでも、賃貸でお香を焚くこと抵抗がある方は、
一度、不動産会社や管理人さんに問い合わせてみたほうがいいかもしれません。

まとめ

やっぱり、お香を焚くと煙が出たり、香りがします。

賃貸にお住みなら、同じ居住者の迷惑にならないだろうか……。
退去時に、クリーニング費用を請求されたりしないだろうか……。

というのは、気にされると思います。

しかし、1日に1度、お香を焚くだけであれば、そこまで気にする必要のないことだと思います。

ただ、1日に何度も焚いたり、窓を全開にして焚いたりすれば、よく思わない方もいるはずです。
同じ居住者なのですから、周りに迷惑にならないように、節度を持って焚きましょう。

スポンサーリンク