スポンサーリンク

赤ちゃんがいる部屋で焚いても大丈夫?どうしても焚きたいなら、注意しておきたい5つのこと

お香って、赤ちゃんがいる部屋で焚いても大丈夫なのかなぁ?
やっぱり、タバコと一緒で、お香も焚かないほうがいい?

こういう悩みはありませんか?

実際、お香の煙って、大人は大丈夫だけど、赤ちゃんはどうなんでしょうね。

今日は、赤ちゃんがいる部屋で、お香を焚いても大丈夫なのか?調べてみました。

スポンサーリンク

お香って、赤ちゃんがいる部屋で焚いても大丈夫?

お香が入っていた箱や容器には、「お香の煙を大量に吸い込むと、健康を損なう恐れがあります。換気を十分に行ってください。」と表記があります。

このような表記はありますが、赤ちゃんや子どもが、大人と同じとは限りませんよね。

タバコと一緒で、お香も煙が出ます。でも、タバコとお香は全然ちがいます。タバコは、ケミカル物質という有害物質の塊なのでは、たとえ換気扇の下であっても、赤ちゃんがいる部屋では吸ってはいけません。

では、お香の煙はどうなんでしょう?

調べてみました。

残念ではありますが、お香も、赤ちゃんがいる部屋では焚かないほうがいいようです。

なぜ、焚かないほうがいいのかというと、
お香の煙を、赤ちゃんが吸い込んで、気管支炎やアレルギーを起こす可能性があるからです。

赤ちゃんや小さい子っていうのは、ちょっとした煙であっても、気管に刺激を与えてしまいます。

そういう理由で、赤ちゃんと一緒にいる部屋では、焚かないほうがいいという結論になりました。

どうしても焚きたいという方は、以下のことに、気をつけて焚いてみてください。

どうしても、赤ちゃんがいる部屋で、お香を焚きたいなら、注意しておきたい5つのこと

  1. 換気を良くする
  2. 十分に換気を行ってください。大人であっても、煙を大量に吸い込むのは、健康を害します。小さなお子さんがいらっしゃるなら、なおさらです。

  3. 手の届かないところで使用する
  4. まだ生後5か月ぐらいなら大丈夫でしょうが、動き回わるようになって、火がついているお香をイジって、やけどの可能性がないとは言い切れません。赤ちゃんの手の届かないところに置く。

  5. 長時間使用しない
  6. 1日に何度も焚いてはいけません。前述にもありますが、煙を大量に吸い込んで、健康を害する可能性がある以上、長時間焚いてはいけません。赤ちゃんがいる部屋なら、なおさらです。

  7. 高品質の原料が使われているお香を使用する
  8. 100円ショップや安価なお香っていうのは、有害な原料がブレンドされている可能性もあります。
    赤ちゃんがいる部屋では、できるだけ高品質な原料で、高価なお香を使用したいものです。

  9. 煙がほとんど出ないというタイプのお香を使用する
  10. どうしても、赤ちゃんがいる部屋でお香を焚きたいなら、煙がほとんど出ないタイプのお香を使用するほうが無難です。

まとめ

赤ちゃんがいる部屋では、できるだけお香は焚かないほうがいいようです。

もし、お香を焚いて、気管支炎やアレルギーでも発症してしまってはいけませんよね。

どうしても焚きたいという方は、さきほど上げた5つのことに気をつけてください。


もし、小さなお子さまがいらっしゃるなら、👇こちらの商品👇もお試ししてみてはいかがでしょうか?

お部屋や身の周りの

菌・ウイルス、ニオイ、花粉

次亜塩素酸のパワーで暮らしのすみずみまで、除菌・消臭してくれますよっ!

ZiACO(ジアコ)の【無料お試し】

スポンサーリンク