スポンサーリンク

【火事が心配?】使ったお香の灰の2つの処分方法【香炉もいいよ!】

お香を焚いてみたはいいけども、
灰になったのはどうすればいんだろう?
どうやって捨てればいいんだろう?
これって排水口に流してもいいのかなぁ?

初めてお香を焚いたときって、こういう疑問が湧いてきますよね。

実際、焚いてみれば分かるのですが、
煙が出終わった後に受け皿(香皿)に灰が残りますよね。

今日は、その灰の捨て方について、まとめてみますねー。

スポンサーリンク

台所や洗面所に、水と一緒に流してOK?

火が付いていたのだから、ゴミ箱には捨てられない。そのまま、捨てて火事にでもなったら、心配……。

だから、台所や洗面所で、水と一緒に流してしまおうと考えてしまうかもしれません。

でも、待ってください!

お香の灰は、台所や洗面所に、水と一緒に流しては絶対にダメです!

排水口に詰まってしまって、後々、掃除をすることになってしまいます。

結論:お香の灰は、台所や洗面所に流すと、排水口に詰まる原因になるからNG!

新聞紙に包んで、生ゴミ(可燃ごみ)で出せばいい

やっぱり、お香の灰を、そのままゴミ袋に捨てると、灰が舞って部屋が汚れたりします。

それまで、火が付いていたものですし、火事のことも心配ですよね。

お香の処分方法っていうのは、完全に火が消えた状態であれば、そのまま捨ててしまっても大丈夫です。

もし、そのまま捨てることに抵抗があるなら、まずは要らない缶に入れましょう。そして、蓋をしましょう。

これだけで、火事の心配もいりませんし、灰が舞うこともありません。

缶に入れた灰は、

後日、新聞紙に包んで、生ゴミ(可燃ごみ)で出せばいいんです。

ね?カンタンでしょう?

お仏壇の香炉の灰も同じ方法で捨てられる

ちなみにですが、お仏壇にある香炉の灰も同じ方法で捨てられます。

新聞紙にクルクルって包んで、捨ててしまえばいいんです。

もし、ご自宅にお庭があれば、お庭に撒くだけでもいいんですよ。マンションやアパートなどの賃貸なら、上記の方法で捨ててください。

*自治体によっては、細かい分別ルールがある場合がありますので、一度ご確認ください。

まとめ

最初は、香皿と呼ばれる受け皿で、焚くかもしれません。

でも、香炉(お仏壇にある灰の入っている器ですね)を使うと、最後まで無駄なく焚けて、灰を捨てる必要もないので、オススメですよー。

*香炉を使用するには、香炉用の灰が必要になりますが、
それでも、後始末のことを考えると、香炉で焚くほうが、気軽に焚けて良いのかなと思っています。

こればかりは、ご自身によって、感じ方がちがいますので、香皿、香炉、両方の焚き方を試してみてくださいねー。

お香の灰の2つの処分方法について書いてみました。

1つ目は、新聞紙に包んで可燃ゴミとして捨てる。
2つ目は、(お庭があれば)お庭に撒く。

本日は、以上です!

【火災予防については、こちらも参考にしてみてください!⇒】お香で火事になるの?わずかな火でも火災報知機は作動するの?【火災予防】

スポンサーリンク